Sunday, September 22, 2013

ハチラジが・・・・

秋田県大館市から秋田県内に発信していた、FM秋田の番組「ハチラジ」が9月24日(火)で最終回・・・・大館の良いところを、そして大館という町に活気を注ぎ続けて来てくれた番組が終わってしまうなんて、とても悲しい、そんな想いからブログを綴っております。

この番組を聴いたという、大館市民はもちろんの事、大館市外の方々もこの番組で大館という町に興味を持ってくださり、大館が潤った(もちろん経済的な面でも)事は間違いなしですし、全国版のFMラジオを偶然聞いた時に、「ハチラジ」の方が、数百倍も面白いと思ったほどです。僕は一度番組に参加させて頂いたから、というのはあるのかもしれませんが、それを抜きにしても、とにかく、いい番組なんです。

大館市民の皆さんはもちろん、秋田県民の方も、もし万が一どういう形ででもこの番組を聴ける方、9月24日(火)の12時から、皆さんお昼休みを取って、是非是非、是非是非、是非是非、是非是非聴いてください。とにかく元気がもらえる、楽しい番組です。


そして、もし、もし、大館市内の企業の方でも、市内でない方でも、この番組を続けられるようなサポートが出来るような方がいらっしゃったら、お力添えって頂けないものなのでしょうか。

僕がそのようなサポートを出来るような力があれば、多少なりともしたいのですが、僕はご飯食べるので精いっぱいいですし・・・

僕はこの番組のファンですし、出来る事なら、これからも大館の素晴らしさを、秋田県内に、あわよくば全国に、あの「大館語」で発信してもらいたいのです。

連絡先は、
〒017-0897 大館市三の丸13-19 大館市産業部内
ファックス番号は 0186-43-0590
そしてメールアドレスは hachirazi@fm-akita.com
です。

念のため言っておきますが、このように僕のブログで宣伝してくださいなんて、一言もハチラジスタッフからはお願いされていませんので。僕の勝手な行為です。(ハチラジさん、もしまずかったら言ってください。)

皆さん、9月24日(火)の12時からはFM秋田の「ハチラジ」聴いてくださいね。

そしてスタッフの皆さん、僕は今関西におり、放送を聴くことが出来ませんが、遠くから盛大な最終回となることを心からお祈りしております。


Saturday, September 07, 2013

リユニオン 8月27日・9月7日

日本に帰ってきてもうすぐ1か月が経つというのに、ドイツであまりにのんきな暮らしをしているからなのでしょうか、どうも体がついてきていないようですが、僕の脳はまたまた興奮しているようで、今朝も早起きをし、ここに帰ってきました。

8月27日(火)に横浜のグランドインターコンチネンタルホテルにおいて、横浜市旭区にある「八ッ橋幼稚園」の創立50周年の記念式典に招いていただき、演奏させて頂きました。どうして?と疑問に思われる方が大多数かと思いますが、実はこの幼稚園を経営されているご両親の娘さん、彩・ショアーさん(旧姓篠崎彩さん)が、ボストン生活時代にちょっとだけマリンバを教えていた生徒さんという繋がりで、そんなご縁から演奏する流れとなりました。

この彩ちゃんは、僕なんかよりも早くにマリンバを習い始め、でも色々な事情があってマリンバから一時期離れ、仕事をしていたにも関わらず、マリンバを続けたいという強い想いから、思い立って、アメリカに渡りました。

初めて会った時の印象は、笑顔の多い、凄く明るい子。しかも手もよく回る。更に、マリンバが、音楽が好き!という強く優しい心のある演奏をする子で、僕はそのボストン生活時代当時、苦労も多かったのですが、彩ちゃんのレッスンはいつも楽しく、こっちが謝礼しないといけないのでは?というくらいに、元気をもらっていました。

そんな彩ちゃんも、ボストンのバークリー音楽院を優秀な成績で卒業し、そして結婚。今では可愛い娘さんもいる、母。彩ちゃんが母親となってから会うのが久しぶりで、とにかくその日を楽しみにしていました。

会の前日から、彩ちゃんの旦那さんのTravis君、お姉さんの志保さん、妹のモエさん、そしてご両親と、とにかく思い出話が尽きない楽しいひと時を過ごし、当日も会が進行しているというのに、演奏していないときには、ずーーーーーーっと話しっぱなし。それでもまだ話足りないくらいでした。

彩ちゃんは、僕のところに来る前から素晴らしい演奏家でしたし、旦那さんTravis君はバークリー音楽院でドラム演奏科を卒業されたこちらも優秀な方。彩ちゃんと旦那さんで一緒に何か出来ればよかったのですが、時間の都合で今回は共演できず・・・でも、いつか機会を見つけて一緒に出来ればと思っています。

写真はお姉さんの志保さんのカメラで撮影し、加工くれたものです。
左からTravis君、彩ちゃん、志保さん、俺です。

この篠崎家の姉妹はみんな個性豊かで面白いのですが、この志保さんは数年間世界中を隅々まで旅をした方で、ボストンに立ち寄ってくれたこともありました。そんな志保さんだから、話をすると、もちろん楽しいし、その心の広さに救われる感じさえしました。今はその旅で撮った写真を飾りながら、渋谷区にネイルサロンを構えているところですので、近くにいる際にはこの志保さんのいるサロンを探してみてください。写真を数枚見せてもらいましたが、写真で心から感動したのは久しぶりだったなあ。


そして昨日、9月7日(土)は京都において、Closedのコンサートをさせて頂きました。その共演者は僕の山形大学の1つ上の先輩でもある車野桃子さん。山大のピアノ専攻生は副専攻として、何かピアノ以外の楽器もしなければいけないのですが、桃さんは打楽器をされていたという事もあり、ピアノの音のキレ、音色の豊富さはもちろん素晴らしい方でしたが、自身でもマリンバを演奏できる方なので、息ぴったり(って自分で言うのも変ですね・・・)。その縁と心地よさに在学中は何度か共演していました。

そんな桃さんは音楽の道を究めるために、山大卒業後東京へ。僕はアメリカに留学。

昨日という日まで、僕は沢山のピアニストの方と共演をしてきました。沢山の素晴らしい奏者に出会いましたし、沢山のインスピレーションを頂きました。でも山形大学在学中に桃さんと共演し感じていた、あの音のキレ、音色、音楽性が忘れられず・・・そして何より気心の知れた方でもあるからこそ出来る演奏ってあるんですよね。僕はこの日が来ることを何年も待って、ようやく昨日それが実現しました。

昨日のステージは緊張して間違ったりもしましたが、でも桃さんのピアノにしっかり(って大文字にしたくなるほどです。)サポートしていただきながら、あの昔の感触を変わらずに味わえたことの喜び、そして会場のお客様の温かい拍手、そして最後に演奏した「花は咲く」では、演奏者自身である僕が感極まってしまい涙を流しながらの演奏となってしまいました。

写真を撮りたかったのですが、またいつもの事で撮れませんでした。でも、桃さんとの共演はこれからも実現したいと思っておりますので、是非その際には聞きに来てください。

そして、今回の演奏会の為にサポートしてくださった、桃さんのお母様、旦那様、そして息子さんの文昭君と絢音ちゃんには心から感謝したいと思います。ありがとうございました。

さあ、僕はこれから母と京都のパン屋「志津屋」さんに行ってきます。僕も母もそのパン屋さんの熱狂ファンで、これを楽しみに昨日も頑張りました!!

それでは皆様もよい一日をお過ごしください。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。